胡麻ダレ 冷やし中華

夏になると食べたくなる「冷やし中華」!自宅で作る際は、タレと麺がセットになって販売されているものを使って作る人が多いのではないでしょうか。自宅にある調味料で、簡単に手作りの美味しい冷やし中華のタレが作れますよ!

そして、今回のレシピで使った麺は、焼きそばの乾麺を使用しています。乾麺なので、お家にストックしておくと、焼きそばはもちろんですが、お鍋の〆の麺としても使えたり、今回のように冷たい麺にも使えて、とっても便利です!それも、この焼きそばの麺は、中華麺にだいたい使われているかん水や、添加物など使用していないのも、とっても嬉しいですよね。かん水を使用していないのに、しっかりとモチモチとする食感の麺は病みつきになる方も多く、ORGANIC STORYスタッフの人気も高い商品です!

また、この焼きそばの麺は精製された小麦粉だけでなく、全粒粉を使用しているところがもう一つのポイントです!全粒粉とは、小麦の表皮・胚芽・胚乳を全てまるごと粉にしたもので、通常の小麦粉は胚乳だけを粉にしたものです。小麦の表皮や胚芽には、食物繊維やミネラル、ビタミンなどの栄養価があり、全粒粉は通常の小麦と比べ栄養価が大変高いんです。また全粒粉は糖質も通常の小麦と比べて低いので、糖質を気にされている方は、通常の小麦のみのものよりも全粒粉が入っているパンや麺などを積極的に選ぶのがおすすめですよ!

モチモチとした太麺に合う、コクのある風味の胡麻ダレの冷やし中華をご紹介します。具材をたっぷりとのせて、暑い日のランチや夕食におすすめメニューです!

胡麻ダレ 冷やし中華

【材料】2人前
ムソー 焼きそば180g 1袋
・きゅうり 1本
・鶏ささみ 200g
・料理酒 少々
・塩 少々
・ミニトマト 適量

胡麻ダレ
・胡麻ペースト 大さじ3
・醤油 大さじ2
・みりん 大さじ1
・酢 大さじ1
・ごま油 大さじ2
・ラー油 大さじ1
・万能ねぎ 大さじ2
・刻みしょうが 大さじ1

①具材の鶏ささみに料理酒と軽く塩を振ってから、茹でて切っておきます。

②具材のきゅうりは千切りに、胡麻ダレに使う万能ねぎ、しょうがは細かく刻んでおきます。

③鍋にお湯を沸騰させ、焼きそば麺を茹でます。(約3分)

④麺が茹で上がったら、冷水で冷やし、ザルにあげて水を切ります。

⑤胡麻ダレの材料を全て混ぜます。

⑥麺をお皿に盛り付け、きゅうりと鶏ささみ、ミニトマトを飾り、胡麻ダレをかけて出来上がり。
上からさらに、万能ねぎを散らしたり、辛みをプラスしたい方はラー油をかけて、お召し上がり下さい。

お子様がいらっしゃるお家は、胡麻ダレに使っているラー油や刻みしょうがの量を少なくするなど調整して、夏休みのランチにもぜひお試しください!