みたらし団子

ご家庭でも意外と簡単に作れるお団子は、こねたり丸めたり、小さなお子様との共同作業も楽しいおやつですよね!みたらし団子のたれも、材料はいつも台所にあるお醤油とお砂糖、片栗粉があれば簡単にできちゃいますよ♡

ところで、白玉粉、上新粉、団子粉、、、などスーパーで各種並んでいますが、どれを買ったらいいのか?迷ってしまいませんか?「上新粉」はうるち米、つまり、私たちが普段食べている一般的なお米を粉にしたもの。「白玉粉」は、お餅やおこわなどに使うもち米を粉にしたものです。「団子粉」は、うるち米ともち米を団子に適した食感になるようブレンドしていて、製造元によってその配合は異なります。

あんみつなどに入っている、あのつるん!として柔らかい食感が特徴の団子は、白玉粉を使用します。一方でしっかりもちっとした歯ごたえのある、みたらし団子のような串団子、お月見のお団子などは、上新粉が適しています。お好みで使い分けてくださいね。

上新粉は「うるち米」を使いますが、うるち米といっても品種は様々。使われるお米の品種によっても味や食感は異なってきます。「あやひめ」という品種は、際立ったやわらかさともっちりと粘りが強いのが特徴で、甘みも強い低アミロース品種。だから、上新粉でありながら、白玉粉を混ぜなくても硬くなりすぎない、程よくもちもちとしたお団子ができるのです!

北海道産特別栽培米あやひめ使用・上新粉 200g
▽ORGANIC STORY
https://www.or-st.com/shopdetail/000000000019/

みたらし団子の作り方
【材料】
北海道産特別栽培米あやひめ使用・上新粉  200g
・ぬるま湯  160ml

杉樽仕込 有機醤油・濃口  大さじ1
北海道産 てんさい含蜜糖・粉末 大さじ5
・かたくり粉
・水100ml

1.ボウルに上新粉200gを入れ、ぬるま湯160mlを2から3回に分けて入れながら生地をこねます。ぬるま湯の量はかたさをみながら調節してください。

2.生地がしっかりまとまったら、16~20等分程度の大きさに分けて団子状に丸めます。沸騰したお湯に入れて茹で、団子が浮き上がってきたら冷水にとって冷やします。

3.小鍋に水100ml、醤油、砂糖を入れて加熱します。砂糖が溶けたら少量の水で溶いた片栗粉を回し入れ、とろみが出て透明感が出たところで火を止めます。

4.水からあげた団子に3のみたらしのたれをかけて出来上がり!お好みで、お団子を串に刺しても◎