おうちごはんを楽しもう!心と体を整える「ヤーコンシロップ」

春から初夏にかけては生活環境も大きく変わる季節。心身を整える情報に関心を寄せる方も増えます。最近は気軽に外に出られない分、家で過ごす時間が増え、料理をする機会も増えていると思います。そして、ついつい食べ過ぎてしまうことも。

そんな今だからこそ、一つプラスするだけで食事の満足度が上がったり、栄養バランスが良くなったり、甘いもの欲しさまで満たして、お腹の不調や体調不良がスッキリする食事にシフトしませんか?今回は毎日使う調味料にフォーカスして、天然の甘味料「ヤーコンシロップ」をご紹介します。お手軽レシピもお教えします。

 

甘いだけではない! 「ヤーコンシロップ」がすごすぎる

私は、だいぶご存知の方も増えて広まってきたローフードを8年間実践しています。基本は新鮮な生(RAW)の野菜や果物などから不足しがちな酵素・ビタミン・抗酸化物質・ミネラルなど栄養成分を十分に摂り、健康的に痩せるだけでなく腸内フローラ環境をキレイにして整えていく食事法として衝撃を受け、その魅力を伝えているひとりです。

そこで今回、注目していただきたいのがローフードとも相性の良い甘味料。見た目はサツマイモのようなキク科の植物の根から作られる、よしとものヤーコンシロップです。

ヤーコンは根に抗酸化物質が含まれたスーパーフードとして知られていますが、自然界でも飛びぬけてフラクトオリゴ糖を含んでいると考えられ、ほとんど代謝されず消化管を通り、しかも白砂糖の半分という低カロリー。未消化部分は、小腸と大腸に取り込まれて善玉菌の増加を助けます。多くの甘味料は血糖値がすぐ上昇して正常なレベルまで戻るのに時間を要するのに対し、ヤーコンシロップはすぐに血糖値が上がるのを防ぐ。インスリンの過剰分泌が抑えられ太りにくいとされる低GI値食品です。さらにミネラルが豊富で他の素材と組み合わせると貧血を防ぐ効果も期待でき、女性やお子様の食事にも喜ばれるはず。

 

ヤーコンシロップを使うヴィーガン&グルテンフリーレシピ

このヤーコンシロップは、栄養素を失活しない非加熱(RAW)による製法で保存料や着色料も使わず、健康を気にかける方の食事にもぴったりです。はちみつ、アガベ、メープルシロップのように食べものや飲み物に加えてみると「こんなに使い勝手が良いものだったのか」と驚きます。みなさんもこの機会にぜひ試してみませんか?

 

1.ブルーベリーとバナナの朝スムージー

初夏へと移りゆくこの季節は、甘酸っぱさがギュッと詰まったブルーベリーが旬を迎えます。ブルーベリーには、疲れ目・視力回復に効くポリフェノールがたっぷり。バナナは、脳のエネルギー源になるスタミナフルーツ。ヤーコンシロップとの相乗効果で元気もアップ!黒蜜のようなまろやかな甘さが加わり、とってもおいしいです。

<材料>2人分
ヤーコンシロップ 大さじ1
ブルーベリー 大さじ2
バナナ 2本
水 180ml

<作り方>
①ブルーベリーは水洗いする。
②ブルーベリー、バナナ、水をミキサーにかける。
③グラスに注ぎ、ヤーコンシロップをまわしかける。

 

2.シンプルなのに満足できる、極上のアボカドオープンサンド

昼下がりにぴったりのオープンサンド。アボカドをつぶして作るディップをトーストにのせて、酸味を効かせたコクのあるヤーコンドレッシングを重ねた一品。バルサミコ酢のように濃厚な味わいで食欲をそそります。森のバターと呼ばれる栄養価の高いアボカドは、忙しいときの食事にもおすすめです。

<材料>2人分
トースト2枚
【A】ディップ
アボカド 1個
玉ねぎ 1/4個
レモン汁 大さじ1
塩 少々

【B】ドレッシング
ヤーコンシロップ 大さじ1
酢 大さじ1
塩 ひとつまみ

【トッピング】
クレソン、マッシュルーム、パンプキンシード 適量

<作り方>
①玉ねぎをみじん切りにする。
②Aの材料をまぜ合わせながらつぶす。
③Bの材料を混ぜ合わせる。
➃トーストにAを塗り、お好みのトッピング野菜やシードをのせる。
⑤Bをまわしかける。

3.幸せを呼ぶ、甘い香りのグルテンフリーパンケーキ

甘いものが欲しくなった時のデザートにおすすめです。手間もかからず、とにかく簡単。生地にヤーコンシロップが入って、そのままでもおいしいパンケーキです。通常のパンケーキミックスは、食後にお腹が膨れて重くなる感じが苦手なのですが、米粉ベースだと軽いので重くなりません。腸内環境が整うグルテンフリー生活に。

<材料>2人分/5~6枚
【A】
製菓用米粉 160g
ベーキングパウダー 小さじ1.5

【B】
ヤーコンシロップ 50ml
豆乳 180ml
バニラエキストラクト(なくてもOK)少々
菜種油 少々

<作り方>
①Aをふるっておきます。
②別のボウルにBを入れ、泡立て器でよく混ぜ合わせる。
③AにBを少しづつ入れ、なめらかなリボン状になる硬さに混ぜる。
➃フライパンを熱しオイルをひく。
⑤生地を丸く流し入れ、弱火で焼く。まわりが乾いたら裏返して2~3分焼く。

 

◆プロフィール◆

都田恵理子
PR・ローフードマイスター

1976年生まれ。ローフードマイスター。化粧品会社でオーガニックコスメの広報を10年経験。日本リビングビューティー協会・ローフードマイスターの資格を取得する。自宅クラスの開催やイベント講師、サスティナブルな生活に関する情報の発信を手がける。“日々の暮らしを豊かにしてくれるもの”や“心と体が喜ぶもの”を年中探しています。madame FIGARO.jpにてブログを更新中。
Instagram:@erikomiyakoda