平出さんの胡麻油 濃口

胡麻油の香りは、食欲をそそりますよね!胡麻油と言っても、色が濃いもの薄いものとありますが、色によってどんな料理に合うのかなどが変わってきます。その違いは、胡麻油を製造の際、圧搾前に胡麻を焙煎するのですが、濃い色の方が焙煎時間が長いため、胡麻の香りが強くなるそうです。その為、基本的には、濃い色は胡麻油の香りを出したい時に、薄い色は胡麻油の香りが薄い(無いものもあります)のでお料理の旨みを出したい時などに使うのが、おすすめです。

また最近では、日本でも油についての認識が広まりつつあり、油に興味をもつ方も増えてきて、油を控えた方がヘルシーという思考から「質のよい油は積極的に摂りましょう」という考え方が広まってきていますよね。胡麻油の栄養価は、リノール酸、リノレン酸、ビタミンEなどの成分が豊富に含まれています。胡麻油は、アンチエイジングが気になる方や、髪の毛や肌のハリ・ツヤが気になる方、コレステロール値が気になる方なども、摂取したい油ですね!

ところで、胡麻油の原材料表記を見たことはありますか?胡麻油なので、原材料は「食用ごま油」のみかと思いきや、原材料をよく確認すると、実は他の油が混ざっていたりするものも、一般のスーパーなどでは販売されています。ぜひ気になる方は、原材料を確認してから購入してくださいね!

ナチュラルハウス「平出さんの胡麻油 濃口」の原材料は、もちろん「食用ごま油」のみです!また、昔ながらの大変手間と時間のかかる“玉締め圧搾製法”によって圧搾され、和紙で濾過をかける製法で作られています。 製造工程中、一切の化学薬品も使用していないので、安心ですね!

そんなナチュラルハウス「平出さんの胡麻油 濃口」を使って、胡麻油の香り豊かな、夏に大活躍の簡単レシピを試してみました!日本の夏の食卓に欠かせない“冷奴”を、胡麻油でアレンジしました!もう一つは、同じく豆腐を使ったサラダにも、胡麻油を使用してみましたよ!

にんにく胡麻油のせ冷奴

【材料】
・豆腐 1丁
・アボカド 1個
・にんにく 1片
・小ねぎ 適量
・ナチュラルハウス「平出さんの胡麻油 濃口」  適量
・ヤマヒサ「杉樽仕込 頑固なこだわり醤油・本生・濃口」 お好みで

【作り方】
①胡麻油をフライパンで中火で熱し、スライスしたにんにくがきつね色になるまで熱します。
②冷えた豆腐の上にアボカドをのせておきます。そこに①で熱した胡麻油とにんにくをジュっとかけます。

③小ねぎと醤油をかけて、お召し上がり下さい。

 

しらすと胡麻油がけサラダ

【材料】
・レタスや水菜、かぶ、きゅうり、みょうが、かいわれ大根等、お好みの野菜
・豆腐 1丁(豆腐は無しでも)
・しらす 30g
・ナチュラルハウス「平出さんの胡麻油 濃口」  適量
・ポン酢 お好みで

【作り方】
①胡麻油をフライパンで中火で熱し、しらすが軽くカリっとなるまで熱します。
②野菜と豆腐を器に盛り、そこに①で熱した胡麻油としらすをジュっとかけます。

③ポン酢をかけて、お召し上がり下さい。

★オーガニックストーリーのオススメ★
▽ORGANIC STORY
ナチュラルハウス 平出さんの胡麻油 濃口 138g
https://www.or-st.com/shopdetail/000000000222/

ナチュラルハウス 平出さんの胡麻油 濃口 330g
https://www.or-st.com/shopdetail/000000000218/