うまか芦屋塩

私たちの生活、お料理に欠かせないお塩。最近は調理するものによって、お塩を使い分けている方も多いようですね。1997年に塩の専売制度が廃止されて以降、海塩、岩塩、焼き塩、粗塩、、国産のもの、海外のもの・・・など、私たちは、あらゆる選択肢の中からお塩を選び、気軽に入手することが可能となりました。みなさんはどんなお塩を選んでいますか?

一般的な「精製塩」は、“イオン交換膜透析法”により、ナトリウムイオンを抽出、濃縮して作られます。これによりミネラルなどの成分(カリウム、カルシウム、マグネシウム等)は、ほとんど取り除かれてしまいます。99.0%以上、ほぼ塩化ナトリウムのみの状態。天候に左右されず効率的に塩を生産できる立釜製法(イオン交換膜製法)による精製塩は、効率よく大量生産することが可能です。私たちは安価で入手が可能ということもあって、今でも流通されるお塩の主流になっています。

この高純度のいわゆる「精製塩」よりも、やっぱりミネラル分が豊富な「自然塩」がいいなと思うんです。太陽の光と風のちからで生み出される天日塩や、釜で塩を煮詰めて作る製法のものなど、昔ながらの製造方法のお塩を選びたいですよね。

オーガニックストーリーのおすすめのお塩のひとつが、福岡県芦屋町のきれいな海水で手作りされた「うまか芦屋塩」。平釜で20時間じっくりと煮詰めた後、 低温乾燥させて作られます。塩釜職人の、吉田さんが丹精込めて作った美味しいお塩。100gあたりの食塩相当量は72.4gと、低めですね。海のミネラル成分もしっかり含まれています。ただ塩辛いだけのお塩ではなく、味に深みがあり、まろやかな旨味を感じます。

★オーガニックストーリーのオススメ★
うまか芦屋塩
▽ORGANIC STORY
https://www.or-st.com/shopdetail/000000000149/

 

色々試してみましたが、煮込み料理などに加えるよりも、出来上がったお料理にぱっと一振りするような食べ方のほうが、より美味しさが感じられる気がします。

まずは是非、天ぷらにあわせてみて!お塩が素材の味をぐんと引き立たせてくれますよ。


グリルした有機野菜に、うまか芦屋塩!これだけでもう、ごちそうです。

ぜひ、サラダやお刺身、肉料理など、様々なお料理で試しながら、自分好みの美味しい食べ方を見つけてくださいね。