有機梅干

皆さんは梅干しを「買う派」、それとも「漬ける派」のどちらですか?

近年、梅干しを自宅で漬けるというお家はずいぶん少なくなってきたようですが、最近、ひそかな「手仕事」のブームなんですね。梅シーズンに自家製の梅干を作っている方が、じわじわ増殖中のようです。

我が家では母が毎年梅干を漬けていたため、酸っぱいしょっぱい昔ながらの梅干が定番でした。本来の梅干の原材料は梅と塩。紫蘇付けの場合はこれに赤紫蘇がプラスされるだけです。いつもの梅干がきれてしまったのでスーパーで購入しようとしたところ、不自然に真っ赤だったり、はちみつなどで味付けされているものが多いことにびっくりしました。流通しているものの多くは調味梅干で、昔ながらの製法で作られた梅干ってわりと少ないんですね。国産でオーガニックの梅干し、となるとなおさらのこと。日本の伝統食品なので国産が当たり前と思っていましたが、中国産など、外国産の梅を使用しているものも多いみたいです。

★オーガニックストーリーのオススメ★
ムソー 有機梅干
▽ORGANIC STORY
https://www.or-st.com/shopdetail/000000000040/

ムソーの有機梅干しを実際に食べてみました。

伝統製法で仕上げた梅干しですから、当然、合成着色料や化学調味料等、添加物は一切使用していません。原料となる梅や紫蘇は奈良県産有機栽培のものを100%使用しています。ふっくらとやわらかな食感。すっぱくてしょっぱい、昔ながらのシンプルな味わいは、これぞニッポンの梅干!という美味しさです。

梅干しは日本の食卓にはもちろん、お弁当にも欠かせない食べ物。おにぎりの具としても定番ですよね。だからこそ、特に小さなお子様にはこれが本当の梅干!という味を覚えていてほしいですね。