出会いの季節、健やかな心身を手に入れる!

進学や就職などで新たなステージを迎えた方も多いと思います。出会いが増える季節を迎え、美容へのモチベーションも高まりますよね。軽やかな初夏の服に着替えるように、私も今こそ「心と体を整えるチャンスかも?」と、手にとったのは「ナルーク ボディオイル」と「ナルーク ヘアクリーム」です。

ナルークを好きになったきっかけとは?

ナルークは、モミの木の仲間である間伐材のトドマツの枝葉を切り集めて蒸留する精油などの原料が特徴です。その香りは北海道モミと名付けられ、林業のまち、北海道下川町で森の資源を余すことなく活用するという活動のなかから生まれました。

製品は、北海道モミのように北海道素材をはじめ、国産、オーガニック認証取得、可能な限り無農薬や有機栽培、野生といったものにこだわって原料を採用しているそうです。さらに石油系の活性剤、防腐剤、香料なども使用しないなど、体や環境に安心できる処方となっているんです。

パッケージは、森の木々やそこに生きるエゾシカの姿が描かれており、清々しい空気感を可視化したデザインとなっていて、自然の力が日常生活に彩りを添えながら抜群に役立つことを伝えてくれるのです。

全身を森の香りで包み込む、うるつやボディケア

伸びの良さと精油の香りを全身で感じることができる「ナルーク ボディオイル」。サラりとしたテクスチャーは、気温が上がりはじめたこの頃にちょうどオススメです。

アーモンドオイルとホホバオイルに、乾燥から肌を守る北海道産の菜種油・ヒマワリ油、伊豆産ツバキ油のほか、ハリを与えるシラカバ樹皮エキスなどをブレンド。手のひらにとり肌に伸ばすとしっとりとうるおいのヴェールに守られ、自然なつやが出てきます。

香りは、「スプリングエフェメラル」と名のついた、森の中で春を告げる花々をイメージするグリーン系だそうで、北海道モミ(トドマツ)、オレンジ、シダーウッドなどの精油による理想のバランス。

アロマテラピーは、香りの分子によって嗅覚から脳に、皮膚から全身へと働きかけることが知られていますから、イライラしたり、疲れた日の夜は、このオイルを使って寝る直前に香りの中で行うデコルテや手足の「ご褒美マッサージ」が習慣となっています。

健やかで美しい髪に近づくヘアスタイリング

次にまた「すごい!」となったのは、天然由来成分100%のマツ樹脂やトドマツ新芽エキスを使用した伸びの良いヘアクリームです。べたつかず、髪の毛に馴染んで自然なまとまりとツヤが出てきます。

癖毛で毛量が多い私と夫でシェアして使い始めたのですが、さらに年齢による髪質の変化でうねりも強くなりはじめ、乾燥も気になっていたところへ、うるおいのあるなめらかなヘアクリームが慌ただしい朝の助っ人となっています。

こちらも、人工的な香料を使わず、トドマツ、オレンジスジート、グレープフルーツ、ベルガモット、イランイラン、ラベンダー、ローズマリーなど、天然の清々しい香りが、やさしく心を落ち着かせてくれます。

夫もスタイリング剤として使っていますが、ベタベタのつけた感がありません。素早く馴染むヘアクリームは、程よい毛束感も出しやすく、「自由な毛足の流れが作りやい」「髪の悩みにも役立つね」とさらに嬉しそうでした。

みなさんもぜひこの機会に、森の魅力がたくさん詰まった「ナルーク」をぜひお手にとってみてください。大切な森の資源を育むことに繋がるだけでなく、みるみる元気になっていく心身に気づくはずです。

 

 

◆プロフィール◆

都田恵理子
PR・ローフードマイスター

1976年生まれ。ローフードマイスター。化粧品会社でオーガニックコスメの広報を10年経験。日本リビングビューティー協会・ローフードマイスターの資格を取得する。自宅クラスの開催やイベント講師、サスティナブルな生活に関する情報の発信を手がける。“日々の暮らしを豊かにしてくれるもの”や“心と体が喜ぶもの”を年中探しています。madame FIGARO.jpにてブログを更新中。
Instagram:@erikomiyakoda